にゃんこと色ガラス

一人っ子にゃんこだった、もみじ。
ふいに我が家にやってきた仔猫のくろまめ。

そんな2にゃんこ+小6息子&小2娘 &旦那さんと暮らす主婦の日々。。。。。
自宅のステンドグラス工房で製作した作品もおまけで紹介。

✴︎✴︎✴︎ minneで販売中 ✴︎✴︎✴︎
https://minne.com/m-glass

優しさが胸に…

今日は日差しが暖かくて、

寒さも少し和らいでいます…




悪い夢だったような日曜日が過ぎて。



やっと、

穏やかな にゃんこふたりが揃った日常に戻りました。







手術当日、日曜日の午後。


何かを察したのか

キャリーのフタを閉める時、

今までにないくらいの強さで、抵抗して頑張ったくろまめ。




なんとかキャリーに入り…



避妊手術は無事に終了。





麻酔で眠ったくろまめと帰宅しました。







ふわふわだった毛を

つるつるに剃られたお腹。


ペタリと貼られた術後の絆創膏を見て、

また、 ごめんね…

と胸が痛くなりました。




もみじは玄関で待っていて、

ニャーニャー鳴いて心配そうにくろまめをクンクンしました。



そして半分起きたような、

うつろな目のくろまめをペロペロペロペロ…

なめてあげていました。




「だいじょうぶかい…よしよし。」



と言っているように見えて、

涙が出ました…



↑ きっと情緒不安定でしたね…

ワタシ…(笑)(⌒-⌒; )


優ししさが胸にしみました。






その日の夜は、


少し眠っては起きて、

何度も何度も苦しそうに嘔吐し。


おしっこもその場で何度も出てしまいました。


嘔吐する度に手で受けてあげたり、

シーツ代わりのバスタオルを替えてあげました。


くろまめは申し訳なさそうに、ウロウロしていました。




もみじの時よりも、症状が辛そうで可哀想でした…



きっと にゃんこには、

自分の体の異常な状態が理解できずに、

不安でいっぱいだったと思います。



ナデナデして、一晩を一緒に過ごしました。

もちろんもみじも側で見ていてくれました。



朝を迎えると、

もみじと寄り添ってワタシの毛布の上で寝ていました。



よかったね、くろまめ。


もみじがいてくれて。


にゃんこ同士のあたたかい絆を感じました。




フラフラだった足も朝にはしっかり歩けるようになっていました。




でも、

寝不足のワタシが

次の日はフラフラでした(^^;;






食欲はしばらく無く、

今朝からようやく少しづつ食べ始めました。


術後2日目でようやく本調子といったかんじです!






人間の都合で、こんな辛い思いをさせてしまって、ごめんね…


と思うのと同時に。


やっぱり、

ひとつ大きな肩の荷が下りた気持ちなりました。。。



これから、ずっと一緒に幸せに暮らそうね。


どうか元気で長生きしてくれますように。




昨日の夜のもみじとくろまめです!

すやすや…zzz

顔と顔が…(⌒-⌒; )






✳︎





あたたかい日差しに誘われて、

梅の花が咲きました!


ちょい勘違いの開花かな…^_^












長文にお付き合いいただき、ありがとうございました‼︎







おわり^_^



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。