にゃんこと色ガラス

3歳のもみじ(♀)は、仔猫の時に保護され縁あって我が家の子に。
その1年後、ひとりぼっちで家の裏で鳴いている埃まみれの小さな小さな仔猫に出会う。数日後…我が家に迎えることとなった、現在2歳のくろまめ(♀)

そんな2にゃんこ+中1息子&小3娘 &旦那さんと暮らすパート主婦の日々。。。。。

✴︎✴︎✴︎ minneでステンドグラス作品販売中 ✴︎✴︎✴︎
https://minne.com/m-glass

無事帰って来ました。

脱走したくろまめ。


夜の間に無事帰ってきました!(>_<)



あー。

よかった。



ぎんごろママさん・トムママさん、

ご心配いただきありがとうございました!m(_ _)m♡



昨夜、息子はくろまめを心配して、

「オレ、今日下で寝るわ…」

と、布団と枕をリビングの吐き出し窓の側に置き、

くろまめの鳴き声が聞こえるように、窓をほんの少し開けて寝ました。

(寒くないのー?じゃあ息子よ、よろしくね。と母は二階で寝ました😓)


旦那はお酒飲んでたので、いつものうたた寝でコタツで寝ていました。


夜中1時くらいでしょうか。

窓越しに、くろまめともみじが鳴きあっている声に目を覚ましたのは、

なんと、息子ではなく…

旦那だったそうです。あらま。



窓を開けるとすぐに中に入ってきたようで。


ざわざわ声に二階の私もなんとなく目を覚ましました。


そんなに濡れていなかったよ…といういうことだったので、


意外にもウロウロせずに、濡れない場所でじっとしていたのかもしれません。


↑いつもの日常が…

あぁ〜。よかったです。ほんとに。






帰って来ない間、

・パニックになって遠くに走っていったかも。

・車にひかれてしまうかも…

・裏の溝にはまって水に流されて閉まったかも…

・びしょ濡れで寒くて倒れてしまうかも…


などなど、頭の中は最悪の事態ばかり想像してしまいましたが。

どこかで、

「くろまめはうちの近くで拾った野良ちゃんだから、

野生の勘で必ず家に帰ってくるはず。大好きなもみじの側で眠りたいから、必ず帰って来るはず。」


と。

信じる気持ちもありました。



今回は幸いにも、無事に帰って来てくれたけど、

やはり飼い主は気を付けなければと、改めて感じました。




今回の台風は家が吹っ飛ぶんじゃないかと思うくらいの風だったし、

朝には近くで断線して停電した地域も。

庭の木もなんと斜めに…↓ どうしましょう。


被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます。



台風が来る度に、我が家はくろまめ脱走事件を思い出すでしょう…💧







最後まで読んでいだだきありがとうございました。




おわり^_^



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。